年末年始、背中が痛くなるほどの暴飲に興味!

模様も冷たくなってきて、ついに本格的に冬場幕開け。紅白参列モデルも決定し、ついに師走、年末年始を迎える旬がやってきました。

ふだん、明日仕事がある瞬間なんかは飲む量を制限していますが、年末年始は特別に、なんでも好きなものを飲んでも嬉しい、という血統を設けていらっしゃる。シャンパン、国内酒、ビール・・・これが年末年始の醍醐味の一つでもあるのです。地方に帰省する時折必ずターミナルでお酒を選んで手土産にします。みんなでどういうお酒を飲もうか考えながら、リカーショップでお酒を選ぶのも楽しみです。

但し、前回の年末年始は、ほんとに呑みすぎてしまいました。大半週間ぐらい地方にいたけれど、毎日飲んでいました。昼から飲んだりもして、明るい雰囲気で年明けを迎えられたことに満足していたけれど、そのときは一段とハイスクールの同窓会なる式事があって、ここでも呑みすぎて誠に素晴らしいカテゴリーしてメモリーをなくしてしまったほどだ。

毎日連日飲んだ前文、メモリーを絶やすほど飲んでしまったのがボディーにいいわけありません。そういう年末年始を話し、ボディーに変動を感じるようになりました。いわば、背中が痛いのです。右側の背中がなんとなくつらい。筋肉痛でもないし、じわじわと辛い。

気になってインターネットで「背中がきつい」を調査。どうもこれは、呑みすぎで肝臓や腎臓に負担がかかっているときの異変ですそうです。ボディーに変動を感じるほど飲んでしまった、に関してに驚き、長らく焼酎断ちしたのを覚えています。

肝臓や、腎臓に悪くならない程に適度に面白く、呑みすぎないように。今年の年末年始は、これをモットーにしていきたいと思います。日焼けしてしまった肌を白くする方法はあるのでしょうか?